received_391200978129157え

まいど!横山翔来です!

アルバニア生活も残りわずかとなって参りました。

「もうすぐ終わるけどどう?」ってよく聞かれるけど、正直まだあんまり実感が無かったりします。

日本へ帰ったらバイトしたり、お世話になっている人に会ったり、トークライブしたりで、やるべきこととやりたいことが交錯しまくっていて、頭の上の髪の毛だけでなく内側の脳ミソまでもがこんがらがっています。

2年半のアルバニア生活をどう締め括ろうか。

そういう人生の区切りをつける時って、後の人生で振り返られるように印象強くいきたいところですが、今のところ何も考えていません。

とは言え、たった2年半されど2年半。

この間に僕は20代から30代になって、もう間もなく平成から令和に変わるのです。

だからと言ってやることは特に変わらないのですが、流石にそろそろ結果を出したいなぁとか、考えるようにはなりました。

結果とは?

正直僕のやっている活動の結果ってなんやねん、というところですけどね。

例えば漫才で日本一になろうと思えば、そこへ到達するまでに越えなければならない壁は、ぼんやりと見えてくる気がします。

資格を取得するとか、売り上げ目標を達成するとか、そういうわかりやすい指標があればいいのですが。

『世界をフラットに』なんて、ぼんやり過ぎて、もう...。



SNS関連の話をすると、僕はツイッター、インスタグラム、フェイスブックをやっていまして。

最近は特に、自分と世界を結ぶのではなく、フォロワーと世界を結ぶような投稿を心掛けています。

海外に慣れていない人には、世界って案外近いんだよってことを知ってもらいたいし、

こんな奴が海外で開業して働いたりできるんなら、俺にだって(私にだって)と、立ち上がるあなたを待っています。

この秋僕はモロッコへ行き、また新たな日本食屋を開業します。

そのメンバーもまだちゃんと決まっていないけれど、きっとなんとかなる。

モロッコ生活からはユーチューブに動画を上げて、開業までのドキュメンタリーみたいなのを配信していきます。

行動をおこしたい人の背中をそっと押すのはもちろん、背負うモノがあって行動できない人への現地レポート。

そしてエンタメ要素を大いに含んだものにするつもりです。

開業はエンタメになる

現地で必死にもがき苦しむ者からすれば笑い事ではないですが、それを画面を通して見る人からすれば、ただのエンタメになるんです。

その店が流行ろうが廃れようが関係ないんだから。

ひとつの店ができることって、別の角度から見ると全然違うものになるんだよね。

ミロ・ポーシム

にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑ブログランキングUPのためクリックお願いします!


【移住】アルバニア国内で購入できる日本食材まとめ

【移住】アルバニアの肉・魚介類事情まとめ

がアルバニアに来るまでの旅の様子はこちら(別のブログ「世界一周ローカル旅」へ)




スポンサードリンク